ボトックス注射を利用して小顔になろう|メリットを解説

看護師

施術方法の選択で決まる

医者

簡単な治療を選ぶ

美容整形の治療は多様化していて、注射によって小顔を作る治療の人気も高まっています。ボトックス注射によって簡単な治療が可能になっていて、ボトックス治療は手術を行わない施術ですので、回復に必要な時間も短くて済みます。この治療を受けると、3日位で効果がでてきて7日程度で小顔を実感することができます。ボトックス注射は麻酔の必要はないですが、注射の痛みが心配な場合は麻酔テーブなどを使用することもできます。エラの部分の張りが原因で顔が大きく見える場合は、ボトックスを使用することで小顔になれます。ボトックスをエラ骨の上のほっぺの部分に注射することで、エラの筋肉を減少させて小顔になることが可能となります。この注射は痛みや腫れの心配がなくて、傷跡も残らないです。通院も不要ですので、気楽に治療を受けられます。ボトックス注射を考える時は、注射の針の細さに注目することも大切です。細い針で注射することで、痛みもほとんどなく、腫れや内出血のリスクを減らすことができます。美容整形で治療を受ける時は、治療の流れをイメージすることが大切です。エラボトックス注射の治療をする時は、まずエラの咬筋の部分をマーキングして、その後にボトックスを注入します。エラが張って顔が角張って大きく見える原因として、骨そのものが突き出ている場合と咬筋が必要以上に発達している場合に分けることができます。咬筋に繰り返し注射することで、咬筋が収縮して持続時間を長くすることが可能となります。ボトックスによってシャープなフェイスラインになる人は多いです。ボトックスは口角に打つこともできて、口角をギュット上げることで顔の印象を良くなります。美容整形での治療は総合的な視点を持つことが大切で、小顔になることで全身のバランスが良くなることも考える必要があります。治療後のイメージを持つには、カウンセリングでシミュレーションを上手く行って画像によって完成のイメージを知ることが大切です。顔の大きさを変えることで、顔の印象を大きく変えることを望む人は多いです。